トップ

結婚式に使われるブーケ

結婚式のブーケの由来

結婚式で使われるブーケの由来

結婚式で花嫁が持つブーケの由来には諸説があります。広く知られている説としては、男性が女性にプロポーズする際に花束を贈ったという風習です。プロポーズを受け入れるなら、女性は花束から一輪を抜き、男性の胸にさします。この儀式は現在の結婚式でも「ブーケ・ブートニア」として受け継がれています。たいへんロマンチックな風習です。もうひとつの由来としては、花嫁の魔除けのための道具であったという説です。中世ヨーロッパでは悪魔の存在が強く信じられていました。悪しきものから身を守り、前途を明るいものとするために、ハーブをあしらった花束を持たせたのです。こうした「婚礼における魔除け」は、ベールや蹄鉄などさまざまな道具を使って行われていました。

花嫁ブーケの由来について

結婚式でブーケを持つのは、飾りとしてではありません。その由来は魔除けの意味であるとも、プロポーズを受けた女性の象徴であるという意味であるとも言われています。結婚のブーケに用いる白い花、白は魔除けの意味があり、悪霊から新婦を力があると考えられています。さらに古くは、薬や虫よけになるハーブを花束にしたものには、霊力も宿るとされていました。おまじないやお守りの意味を込めて花嫁が持つようになったことが由来であると言われています。また、男性が一輪一輪と女性への想いをこめながら花を摘み、女性のもとにたどり着いたときには花束になっていた。それがはじまりとも言われています。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚式に使われるブーケ. All rights reserved.